カテゴリ:子どものこと( 40 )

f0146014_10361840.jpg
おフランスのヴィンテージで
アボカドのタルティーヌ。

[PR]
f0146014_08452626.jpg
ピザブーム続く。
チーズはどちらかというとあまり得意じゃないんだけど、
自家製カッテージチーズならさっぱりしてるから大丈夫。
枝豆、かぼちゃ、ズッキーニ、
叔母と従姉妹が送ってくれた夏野菜満載の
スペシャルなスペシャルなピッツァ!
う〜ま〜い〜

[PR]
f0146014_12132910.jpg
久しぶりに食べたアボカドの
美味しさよ。
頑張れ自分。

[PR]
f0146014_09122434.jpg
冷蔵庫の中が寂しいサラダ。
でも新タマがあればいいよね。
本当に新タマが美味しい季節。

昨日は号泣したので少し元気回復。
やっぱ涙活って大事かも。
かのアリストテレスも「心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放される」と
著書に記したそう。
ふむふむ。
今日の目の前のシゴトを終わらせ
明日は「メトロに乗って〜♫」出かけましょう。

[PR]
f0146014_14513761.jpg
叔母の野菜シリーズその2。
たくさんもらってきたカボチャでポタージュ。
美味しい!!!

サラダも作って
パンにも練り込んで
まだまだ色々作らなくちゃ!
[PR]
f0146014_922726.jpg
自家製ゴーヤのチャンプルー、カボチャの煮物、炒り卵、ナスの即席ナムル。

涼しくなってきて
ゴーヤももう大きくなれなそう。
でも12〜3cmほどの大きさであと3本は収穫できるかな。

ここ数年、苗を2本植えてきたのだけど、
今年は3本にしてみたのだった。
おかげで一夏、十分堪能させてもらったなぁ…。
ありがとうね、ゴーヤ君。
[PR]
f0146014_19532085.jpg
打ち合わせの時間よりちょっと早く出て
昼下がりの築地場内へ。
もう品物は流通していない時間帯だったけど、
長い間、日本人の食を支えてきた底力みたいなのが
押し寄せてきた。
すごくすごくかっこいい所だった。

でも…
一般人も入っていいことになっているけど、
やっぱりホントは入っちゃいけないよ…と思った。
まったくもってここは本当に築地人だけの聖地。
寿司屋の若い衆が親方に
「魚を買ってくるな、顔を売って来い」と言われて通うところだ。
興味本位だけで素人がウロウロするのは邪魔なだけ。

禁断の園に足を踏み入れてしまったような気がして
落ち着かない私はそそくさと場外へ。
でもまたきっときっと訪れてしまうだろうな、
2度と見ることができなくなる前に。
f0146014_2073613.jpg
f0146014_2073388.jpg
f0146014_2072936.jpg

[PR]
f0146014_1235867.jpg
お肌の肌理はアレだけど、
結構、色もきれいに出ました。
f0146014_12432.jpg

[PR]
f0146014_1132533.jpg
フタゴにアップルパイを懇願されていたので、
お手軽にパイシートで。
さすがの膨らみはプロの技。
でも私は
あまりふくらまなくても
自分の練りパイの方が好きだったりするんだな。
次は作ろう。
f0146014_1133473.jpg

[PR]
f0146014_8253455.jpg
今朝のコーヒーはケニア。
カリンドゥンドウという名前は
コーヒー農園の名前だそう。
これ、すごく美味しいです。
丁寧に育てられているのかな。
[PR]